【ご注意ください】架空請求が増えています!

2017年9月5日

 最近、鳴門市内で架空請求のメール・SMSや、ハガキが届いたという報告が増えています。

 身に覚えがなければお金を支払う必要はありません。相手に連絡はせず、個人情報等を伝えないようにしましょう。

(市内で確認されている事例)

1.大手通販業者をかたり、有料サイトの料金が未納になっているという内容のメール・SMSが届いた。
  本日中に連絡なき場合法的手続きに移行すると書かれていたので、急いで電話をしたところ、
  住所・氏名を聞かれ、コンビニでギフト券を購入して料金を支払うよう指示された。

2.国の機関をかたり、「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」というハガキが届いた。
  連絡がない場合は、給料や財産等の差し押さえを行うと書かれている。

(ポイント)架空請求のイラスト
 ・身に覚えのない請求は、無視する!
   利用していないのに、お金を支払う必要はありません。
   身に覚えがなければ、とにかく無視しましょう。
 ・「確認のため…」などと連絡しない!
   連絡をすることで、悪質業者に個人情報を提供することになっていまいます。
   教えてしまった個人情報は、悪質業者間で共有され、後日他の業者に悪用される
   などということもあります。
 ・不安な場合は、警察や消費生活センター等に相談する!
   無視しておくのが不安な場合や、本当に詐欺なのかどうか心配な場合などは、
   警察や消費生活センター等に相談してください。

【相談窓口】\一人で悩まないで!困ったときはここに相談!/
 警察総合相談窓口     #9110
 鳴門市消費生活センター (088)686-3776